TVを見るのをやめた話


TVを見るのをやめた話です。

TVを見るのをやめました。

けっこうTVに向かって怒ったり、小言を言ったりしていたからです。

最近のマスコミは事実のみを伝えないで、視聴者の感情を逆なでするような、炎上狙いの報道があるので、それにイチイチ付き合っていては疲れると判断したからです。

有名な話で、アップルのスティーブ・ジョブスは毎日何着るか? 決断するのが面倒くさいので、黒のタートルネックにジーンズ、足下はスニーカーというスタイルを貫いていました。

同じく、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグも同じ理由からグレーのTシャツや、黒のパーカーに、ジーンズというスタイルを確立しています。

ザッカーバーグは、Facebookの公開Q&Aセッションにて投げかけられた「なぜあなたは毎日同じシャツを着るのか?」という質問に対し、以下のように返答しています。


「僕は社会への貢献に関係しない決断はできるだけ下さないようにしている。実はこれは多くの心理学的な理論に基づいていることで、何を食べるか、何を着るかなどのたとえ小さな決断でも、繰り返し行っているとエネルギーを消費してしまうんだ。日々の生活の小さな物事にエネルギーを注いでしまうと、僕は自分の仕事をしていないように感じてしまう。最高のサービスを提供して、10億人以上もの人々を繋げることこそ、僕のすべきことなんだ。ちょっとおかしく聞こえるかもしれないけど、それがぼくの理由だよ」

この考えを聞いてから、TVを見て人の不倫にあーだこーだ言ったり、闇営業にあーだこーだ言ったり、コンプライアンスとはあーだこーだ言ったり、が、非常にバカらしくなって、頼まれてもないのに自分の理念をよくもとくとくと語るものだな~と自分に嫌気がしました。まさに、時間と労力のムダです。


根が真面目でいいヤツはすっかり感情移入してしまい、自分には一銭の得にもならないのに、それは許せないと怒り、親身になって話を聞き、こうすればいいと意見したりする。
まさに、宮沢賢治の『雨ニモマケズ』の世界である。


雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ蔭ノ
小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ朿ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒドリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

宮沢賢治は根が真面目でいいヤツだったんだと思います。こういう人が貧乏なまま生きている間は認められず、死後ようやく認められるヤツになるんだと思いました。

話はずれましたが、毎日日々行なう事や物はできるだけフォーマットを作って統一した方が考えなくてよくなり、その分、疲れは軽減します。それは肉体的にも精神的にもです。

たとえば、それこそ私もTシャツとジーンズです。だいたい。冬スエットかパーカーになる感じです。

朝ごはんも卵とベーコン、昼はひき肉のたまごとじ、夜は肉みたいな感じです。

それと同じように、ニュースも事実のみ知れればいいので、ネットのニュースでもいいし、なんだったらニュースだって見なくてもいいような気さえしてるんです。

どうせ日本は高齢化だし、団塊の世代が圧倒的に多いので、数の論理で正直、問題意識を持つこと自体、ムダだと考えるに至りました。あとは勝手にやってくれって感じです。どうせ選挙で投票に行っても、団塊の世代が多いから勝てませんよね? んで、少子化だしね?

今までけっこう付き合って真面目にニュースとか見たり、なんか議論なんかしても意味あるものだと思ってましたが、けっこうムダ感ハンパなくて、もうニュース自体見なくていい感じに悟りました。

それを知ってから選挙行くのもやめました。

自分に関係のあるもの、自分が考え、行動して変わるもののみに注力すればいいです。多分…。

ムダに怒って、思うようにならないって疲れて、ストレスになって、が、悪循環で、健康も害します。

何一つ得をしないので、せめてTVを見たり、ニュースを見たりするのはやめた方がいいと思いました。

かえって、ストレスないです。

いろんなこと知らない方が幸せな場合もあったりするので、全部知りたいクセとかも直した方がいいと思います。もちろん、関係していることは知った方がいいですよ。

以上、TVを見るのをやめた話でした。

コメント