体は温めた方がいい話


体は温めた方がいい話です。

冬季になって寒くなったり、または冬季じゃなくても寒い場合、体は内側から温めた方がいい話です。

参考記事→「冷え」は万病のもと。温かい体で冬を乗り切ろう
 

んで、冬季の暖房とかも実際、空気を温めます。

そのときの空気って、-何度から18度や20度ぐらいに温めるワケなので効率が悪かったりします。

冬場の暖房の話はこちら→【熱交換】元ビルメンがオススメする冬場の暖房の話。
 

実際、一番身近な暖房って、体温だったりします。

んで、体温って恒常性(ホメオスタシス)って言われていて、常に一定に保とうとします。

んで、寒いとか暑いって感じるのって、この体温からの温度差なので、体温を常に一定に保っていれば寒いとか暑いとか感じなくなるワケなんです。

んで、冬季の寒さには体の内側の熱を逃さないようにすればいいので、厚着を心がけましょう。

んで、たいていの人って部屋の中でダウンとか、部屋の中で帽子とかって思うと思いますが、寒いのであれば部屋の中でもダウンは必要だし、帽子も必要だと思います。



部屋の中でダウンとかっていう先入観みたいな偏見よりも、実際、自分がどうなのか? 考えた方がいいワケです。

んで、帽子もそうですし、パーカーのようなフードをかぶれば首筋から頭もあたたかくなりますし、たとえ部屋の中であろうが関係ありません。だって、寒いんだもん。



んで、首や足首なんかの動脈があるところが冷えると血流が悪くなるし、血流が悪くなるってことは温める為のエネルギーを使うはずなのでカロリーも消費すると言いますか、ムダになります。

なので、せっかく食べた物をムダにしない為にも、寒ければ首や足首を寒さから守ったり、常に温かい状態で保温しておくことは恥ずかしさ以上に重要なことだったりします。


私も初めは恥ずかしかったし、ちょっと部屋の中でダウンとか?! えっ、帽子?! パーカーのフードかぶるとか?! って思ってましたが、実際にためらいを排除してやってみると快適さしかありません。

んで、部屋の中の暖房はそんなに温度を上げなくてもよく、体の温度は保温され一定で、そんなにお腹もすかなくなります。

んで、体温は寒いよりも温かい方が代謝は正常に行なわれている感じはします。



なので、運動もそうですが、それ以上に、体温管理と言いますか、暑さや寒さ対策は重要だと思います。

頭ってけっこう帽子とかかぶらないから盲点でした。

んで、頭を温めるとけっこう調子がよくなったりします。
あまり温め過ぎるとのぼせますが…。
その辺は体の声に耳を傾けてください。

何よりもご自身にあっているか? と言うことが重要です。

以上、体は温めた方がいい話でした。

コメント