年賀状をやめた話

年賀状をやめた話です。

年賀状はおととしでやめました。

んで、こういった毎年のムダな作業と言いますか、正直、年賀状買わないと、とか、年賀状どうするか? と言ったムダな思考をするよりは、今、何をしたらいいか? 考えた方がいいと思いました。

正直、毎年の惰性で年賀状を書いている場合ではないような気がしています。

んで、年賀状ってもう新年のあいさつとして形骸化し過ぎて飽きました。

なんら新鮮味もないので、もらってもあんま嬉しくないし、書いたところで別にそれはメールでいいような気もしています。

んで、あけおめメールにしても、大みそかから新年になるにあたって、くるか? くるか? って言うのが正直、お約束となってしまい、ある意味、忖度と言いますか、出さなければ出さないで言われますし、出したら出したで言われるので、だったらやめた方が、一回やめた話をもって、あと言わなくなるでしょう。

んで、年賀状もそうですし、郵便もそうですが、電子メールがあればもう代替えできる時代だし、代替えできないんであれば電子メールを勉強してください。もうそういう時代なんで移行期間は終わっております。

電話やFAXやハンコなんかも…。



あわせて読みたい→ゆうちょとかんぽのコントな話
 

これだけ便利な物ができているのに、日本人って学習しないせいか? 高齢者に合わせすぎと言いますか、電話やFAXはそれならではの物でもありましょうが、肝心なことってその内容なので、わざわざ声だからとか、筆跡がとかって必要はありません。

んで、こういったムダなことを際限なく続けていると、持ち物ばかりが増えてゆき、せっかく持たない暮らしができて、少ない持ち物でけっこうたくさんのことができるのに、昔ながらの物も併存して使っていくとなると、お金は倍かかって貧しくなります。

世界はリサイクル社会とか環境に優しくなんて言っている中、日本だけ取り残されそうです。だって、電話とかFAXとかハンコとかいらない物たくさんあるんだもん。

なので、そういったいらない物はいらないとはっきり言いましょうよ。

んで、それって一回言えばいい話で、一回言うまで際限なく続けるハメになります。

一度の勇気でいいんですよ。

年賀状をやめたところで別に意固地になって新年のあいさつをやめろと言ってるワケではなくて、それは電子メールでもいいし、あけおめカードでもいいし、対面でもいいし、年賀状によらず、今ある方法で伝えればいいのではないのでしょうか?

ただ、形式となって形骸化しているのがダメなのであり、かつ、過去の物なので、今風にアップデートしてゆけばいいのではないのでしょうか?

以上、年賀状をやめた話でした。

コメント